CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
RECOMMEND
スライドブルー
スライドブルー (JUGEMレビュー »)
スムルース
スムルと初めて出会った作品
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
・.。ぽちりと押せば.・。広がる星空。.・
。・.この木なんの木。.・地球の樹 ・.。
PROFILE
LINKS
OTHERS
advertisement


月光ニウム(跡地)

ゲッコニウム。
それは一瞬のかがやき。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
渇望する世界
しばらく放置でごめんなさい。
そんな中アクセスして下さった方ありがとうございます!
でもまだまだ峠を越えられそうにないので、ブログ更新も牛歩並みになるかと…!(殴)

この前「センコロール」観ました!やっと!

宇木敦哉という方が個人制作で作ったアニメ。
この人、実はアフタヌーンの四季賞獲ってる実力ある漫画家さんだったり、
音楽はVOCALOIDで有名なsupercellが担当したりと期待要素は色々あったわけですが。

ちょいと思うところはあるけど、面白かった!
詳しい感想は続きへ。ネタバレ無いつもり。
とりあえず旧トレーラーは観る価値あり!
(本編にこんなカットはないです。これは制作前のイメージ集って感じ)




新海誠の「ほしのこえ」観たときも思ったけど
「えっ、これで終わり?」
というのが直後の感想でした。

作画も綺麗だし、しょっぱなの魅せ方は「おぉ!」と凄く引き込まれるものがあるんだが
序盤〜中盤のキャラクターの会話がダレる…orz
終盤は持ち直してなかなか良かった。
映画館で上映されるほどかは疑問符だけど、
全体的にセンスが感じられて見ごたえある作品でした。

そしてキャラクター。
主人公の男の子の気だるそうな雰囲気は結構好み。
クリーチャーデザインも何ともいえないどろっとした感じが最高。
でもヒロインのユキの、あの何も考えていなさそうな性格が、自分は好きになれなかった。
いかにもな現代っ子で。残念ながら可愛いと思えず…

「時かけ」の主人公の女の子(真琴)にも共通した部分があるんだけど、
真琴は嫌いにならずに感情移入できたのは、最後自分で考えて行動したからだと思うんだよね。
そういう能動的な部分を、この作品でももっと観たかった。
時間短いから致し方ないのかもしれないけれど…

あと音楽。というかED。
悪くないけどそこまで必然性は感じず…
ま! ネームバリューは大事だよね!(ぇ)


まあ、もともとこの作品は動画革命東京がプロデュースして作ったパイロット版で、
今後展開していくためのサポーターやチャンスを獲得するためのものだから
「続きを観たい!」
と思わせた時点で成功なのだと思う。
「映画」というより「TVシリーズの第1話」みたいだという感想が多いのもうなずける。

是非続きが観てみたいところ。
旧パイロット版のカットも出てきたらなおうれし。

| アニメ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。